衣裳部門

古く平安朝の貴族は四季折々に装いの色合わせ方を変えて雅を競いました。
また、その衣装で恋心や心情まで伝えたとか…。

織り・染め・刺繍・箔押し…
先人から受け継がれてきた、様々な伝統技術で仕立てられる和装には、
装う人の人柄や心まで伝える力があります。
和装の花嫁姿は両親へのありがとう、そして結婚への決意をことば以上に表現します。
お二人の気持ちを着物でメッセージする風雅と贅沢をお楽しみ下さい。

白無垢

凜とした日本女性の美しさが際立つ白無垢は、最も格調高い花嫁衣装として平安時代から親しまれてきました。帯や小物にいたるまで白で統一された姿は花嫁の神聖で純真、清浄を表現しています。

 

色打掛

織りや染め、刺繍など職人の技を凝らして創られる色打掛は、日本の芸術品としての和装美をご堪能いただけます。着物だけでなく、小物などの色を合わせることでさらに個性を生かしたコーディネートが楽しめます。

 

引振袖

角隠しを付け、黒と色柄のコントラストが印象的な引振袖は、名家や旧家の婚礼衣装として誕生し明治から昭和にかけて愛されてきました。大人の女性としての品格とその姿は今ふたたび注目されています。

 

籠神社での挙式に相応しい衣装をご紹介いたしました。
また、籠神社では、ドレスのほか、準礼装での挙式も可能です。
※準礼装とは、振袖やフォーマルな洋装です。